世界のドローン用遠隔識別システム市場:市場規模・動向・予測

• 英文タイトル:Global Remote Drone Identification System Market

Global Remote Drone Identification System Market「世界のドローン用遠隔識別システム市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-49216
• 発行年月:2022年10月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:IT&通信
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

当資料(Global Remote Drone Identification System Market)は世界のドローン用遠隔識別システム市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のドローン用遠隔識別システム市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。

最新調査によると、世界のドローン用遠隔識別システム市場規模は2021年のxxx百万ドルから2022年にはxxx百万ドルになると推定され、今後5年間の年平均成長率はxx%と予想されます。

ドローン用遠隔識別システム市場の種類別(By Type)のセグメントは、ブロードキャストベース技術、ネットワークベース技術、InterUSSをカバーしており、用途別(By Application)のセグメントは、輸送、化学、エネルギー、その他をカバーしています。地域別セグメントは、北米、米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどに区分して、ドローン用遠隔識別システムの市場規模を調査しました。

当資料に含まれる主要企業は、AirMap、CerbAir、Aaronia AG、…などがあり、各企業のドローン用遠隔識別システム販売状況、製品・事業概要、市場シェアなどを掲載しています。

【目次】

世界のドローン用遠隔識別システム市場概要(Global Remote Drone Identification System Market)

主要企業の動向
– AirMap社の企業概要・製品概要
– AirMap社の販売量・売上・価格・市場シェア
– AirMap社の事業動向
– CerbAir社の企業概要・製品概要
– CerbAir社の販売量・売上・価格・市場シェア
– CerbAir社の事業動向
– Aaronia AG社の企業概要・製品概要
– Aaronia AG社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Aaronia AG社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2022年)

世界のドローン用遠隔識別システム市場(2017年~2027年)
– 種類別セグメント:ブロードキャストベース技術、ネットワークベース技術、InterUSS
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別セグメント:輸送、化学、エネルギー、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

主要地域におけるドローン用遠隔識別システム市場規模

北米のドローン用遠隔識別システム市場(2017年~2027年)
– 北米のドローン用遠隔識別システム市場:種類別
– 北米のドローン用遠隔識別システム市場:用途別
– 米国のドローン用遠隔識別システム市場規模
– カナダのドローン用遠隔識別システム市場規模
– メキシコのドローン用遠隔識別システム市場規模

ヨーロッパのドローン用遠隔識別システム市場(2017年~2027年)
– ヨーロッパのドローン用遠隔識別システム市場:種類別
– ヨーロッパのドローン用遠隔識別システム市場:用途別
– ドイツのドローン用遠隔識別システム市場規模
– イギリスのドローン用遠隔識別システム市場規模
– フランスのドローン用遠隔識別システム市場規模

アジア太平洋のドローン用遠隔識別システム市場(2017年~2027年)
– アジア太平洋のドローン用遠隔識別システム市場:種類別
– アジア太平洋のドローン用遠隔識別システム市場:用途別
– 日本のドローン用遠隔識別システム市場規模
– 中国のドローン用遠隔識別システム市場規模
– インドのドローン用遠隔識別システム市場規模
– 東南アジアのドローン用遠隔識別システム市場規模

南米のドローン用遠隔識別システム市場(2017年~2027年)
– 南米のドローン用遠隔識別システム市場:種類別
– 南米のドローン用遠隔識別システム市場:用途別

中東・アフリカのドローン用遠隔識別システム市場(2017年~2027年)
– 中東・アフリカのドローン用遠隔識別システム市場:種類別
– 中東・アフリカのドローン用遠隔識別システム市場:用途別

ドローン用遠隔識別システムの流通チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界の壁取り付け型電気式エンクロージャー市場
    当資料(Global Wall-mounted Electrical Enclosure Market)は世界の壁取り付け型電気式エンクロージャー市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の壁取り付け型電気式エンクロージャー市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:金属(アルミニウム、ステンレス鋼、軟鋼、その他)、非金属(ガラス繊維、ポリカー …
  • 世界の軸受青銅市場
    当資料(Global Bearing Bronze Market)は世界の軸受青銅市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の軸受青銅市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ロッド、バー、ワイヤー、チューブ、その他、用途別:海洋産業、宇宙産業、自動車、産業、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含 …
  • 世界のレーザー溶接機械市場
    当資料(Global Laser Welding Machinery Market)は世界のレーザー溶接機械市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のレーザー溶接機械市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:手動溶接機、自動溶接機、その他、用途別:自動車産業、造船業、設備製造業、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載 …
  • 化粧品におけるセラミドの世界市場
    化粧品におけるセラミドの世界市場レポート(Global Ceramides in Cosmetic Market)では、セグメント別市場規模(種類別:発酵セラミド、植物エキスセラミド、用途別:スキンケア、ヘアケア)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ …
  • 世界の双極鉗子製品市場
    当資料(Global Bipolar Forceps Products Market)は世界の双極鉗子製品市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の双極鉗子製品市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:再利用可能双極鉗子、使い捨て双極鉗子、用途別:婦人科、耳鼻咽喉科、一般外科、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載し …
  • 世界の使い捨て滅菌ポーチ市場
    当資料(Global Disposable Sterilization Pouches Market)は世界の使い捨て滅菌ポーチ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の使い捨て滅菌ポーチ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:PP素材、PE素材、用途別:医療、化粧品、家庭用品、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲 …
  • コバルト塩の世界市場
    コバルト塩の世界市場レポート(Global Cobalt Salt Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ナフテン酸コバルト、ステアリン酸コバルト、ネオデカン酸コバルト、ホウ酸コバルト、その他、用途別:タイヤ、スチールホース、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリ …
  • 世界のグラニセトロン市場
    当資料(Global Granisetron Market)は世界のグラニセトロン市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のグラニセトロン市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:経皮システム、注射、経口、用途別:化学療法、術後)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要企業は、Kyowa Kir …
  • 導電性プラスチック配合の世界市場
    導電性プラスチック配合の世界市場レポート(Global Compounding Conductive Plastic Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ポリアミド、PBT、PC、PPS、PEI、用途別:電気・電子、自動車、工業、航空宇宙、ヘルスケア)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分 …
  • 世界のポリ乳酸(PLA)バイオプラスチック市場
    当資料(Global Polylactic Acid (PLA) Bioplastic Market)は世界のポリ乳酸(PLA)バイオプラスチック市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のポリ乳酸(PLA)バイオプラスチック市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ポリ(L-乳酸)酸、ポリ(D-乳酸)酸、ポリ(DL-乳酸)酸、用途別:食品& …