防汚船舶コーティング剤の世界市場:種類別・用途別・地域別分析

• 英文タイトル:Global Antifouling Marine Coatings Market

Global Antifouling Marine Coatings Market「防汚船舶コーティング剤の世界市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-35996
• 発行年月:2024年06月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:材料・化学物質
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

防汚船舶コーティング剤の世界市場レポート(Global Antifouling Marine Coatings Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、防汚船舶コーティング剤の世界市場規模は、2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルとなり、2023年から2024年の間にxx%の変化があると推定されています。防汚船舶コーティング剤の世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、防汚船舶コーティング剤の市場規模を算出しました。

防汚船舶コーティング剤市場は、種類別には、純正エポキシ塗料、変性エポキシ塗料、アルキド塗料、その他に、用途別には、コンテナ、船舶、生産プラットフォーム、オフショア、その他に区分してグローバルと主要地域における2019年~2029年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、AkzoNobel、KCC、CMP、…などがあり、各企業の防汚船舶コーティング剤販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

防汚船舶コーティング剤市場の概要(Global Antifouling Marine Coatings Market)

主要企業の動向
– AkzoNobel社の企業概要・製品概要
– AkzoNobel社の販売量・売上・価格・市場シェア
– AkzoNobel社の事業動向
– KCC社の企業概要・製品概要
– KCC社の販売量・売上・価格・市場シェア
– KCC社の事業動向
– CMP社の企業概要・製品概要
– CMP社の販売量・売上・価格・市場シェア
– CMP社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2024年)

防汚船舶コーティング剤の世界市場(2019年~2029年)
– 種類別区分:純正エポキシ塗料、変性エポキシ塗料、アルキド塗料、その他
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:コンテナ、船舶、生産プラットフォーム、オフショア、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

防汚船舶コーティング剤の地域別市場分析

防汚船舶コーティング剤の北米市場(2019年~2029年)
– 防汚船舶コーティング剤の北米市場:種類別
– 防汚船舶コーティング剤の北米市場:用途別
– 防汚船舶コーティング剤のアメリカ市場規模
– 防汚船舶コーティング剤のカナダ市場規模
– 防汚船舶コーティング剤のメキシコ市場規模

防汚船舶コーティング剤のヨーロッパ市場(2019年~2029年)
– 防汚船舶コーティング剤のヨーロッパ市場:種類別
– 防汚船舶コーティング剤のヨーロッパ市場:用途別
– 防汚船舶コーティング剤のドイツ市場規模
– 防汚船舶コーティング剤のイギリス市場規模
– 防汚船舶コーティング剤のフランス市場規模

防汚船舶コーティング剤のアジア市場(2019年~2029年)
– 防汚船舶コーティング剤のアジア市場:種類別
– 防汚船舶コーティング剤のアジア市場:用途別
– 防汚船舶コーティング剤の日本市場規模
– 防汚船舶コーティング剤の中国市場規模
– 防汚船舶コーティング剤のインド市場規模
– 防汚船舶コーティング剤の東南アジア市場規模

防汚船舶コーティング剤の南米市場(2019年~2029年)
– 防汚船舶コーティング剤の南米市場:種類別
– 防汚船舶コーティング剤の南米市場:用途別

防汚船舶コーティング剤の中東・アフリカ市場(2019年~2029年)
– 防汚船舶コーティング剤の中東・アフリカ市場:種類別
– 防汚船舶コーティング剤の中東・アフリカ市場:用途別

防汚船舶コーティング剤の販売チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 水源ヒートポンプユニット(WSHP)の世界市場
    水源ヒートポンプユニット(WSHP)の世界市場レポート(Global Water Source Heat Pump Units (WSHP) Market)では、セグメント別市場規模(種類別:縦型クローゼットWSHP、横型クローゼットWSHP、コンソールWSHP、用途別:都市商業支援施設、公共インフラ、産業サークル)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルな …
  • 世界のひげ用育毛オイル市場
    当資料(Global Beard Growth Oil Market)は世界のひげ用育毛オイル市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のひげ用育毛オイル市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:瓶詰め、瓶詰め、その他、用途別:卸売市場、小売店、オンライン小売業者)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含ま …
  • アルパカ繊維の世界市場
    アルパカ繊維の世界市場レポート(Global Alpaca Fiber Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ワカイヤ繊維、スリ繊維、用途別:アパレル、インテリアテキスタイル、工業用フェルト、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、 …
  • 世界の産業・科学における放射線検出市場
    当資料(Global Radiation Detection In Industrial and Scientific Market)は世界の産業・科学における放射線検出市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の産業・科学における放射線検出市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ガイガーカウンター、シンチレーション検出器、固体検出器、その …
  • 世界の船舶用複合材料市場
    当資料(Global Marine Composite Materials Market)は世界の船舶用複合材料市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の船舶用複合材料市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)、フォームコア材料、金属複合材、用途別:パワーボート、ヨ …
  • 世界の食品・飲料用包装市場
    当資料(Global Food and Beverage Packaging Market)は世界の食品・飲料用包装市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の食品・飲料用包装市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:硬質包装、軟質包装、その他、用途別:乳製品、パン、菓子、コンビニエンスフード、果物、野菜、ビール、炭酸飲料、エナジードリンク) …
  • 窒化ホウ素ナノチューブ(BNNT)の世界市場
    窒化ホウ素ナノチューブ(BNNT)の世界市場レポート(Global Boron Nitride Nanotubes (BNNT) Market)では、セグメント別市場規模(種類別:70%-90%純度、90%-98%純度、≥98%純度、用途別:先端航空宇宙材料、合成・生物医学、圧電材料、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分 …
  • 世界の水中混流ポンプ市場
    当資料(Global Submersible Mixed-flow Pumps Market)は世界の水中混流ポンプ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の水中混流ポンプ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:低圧斜流水中ポンプ、高圧斜流水中ポンプ、用途別:上下水道管理、鉱業・建設、石油、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析な …
  • 世界の遺伝子導入技術市場
    当資料(Global Gene Delivery Technologies Market)は世界の遺伝子導入技術市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の遺伝子導入技術市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:生物学的、化学的、物理的、用途別:遺伝子治療、細胞治療、ワクチン、研究所)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載して …
  • 世界のウェブクライアントアクセラレータ市場
    当資料(Global Web Client Accelerator Market)は世界のウェブクライアントアクセラレータ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のウェブクライアントアクセラレータ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:クラウドベース、オンプレミス、用途別:大企業、中小企業)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報 …