世界のフォトニック集積回路(PIC)市場:企業別、種類別、用途別、地域別

• 英文タイトル:Global Photonic Integrated Circuit (PIC) Market

Global Photonic Integrated Circuit (PIC) Market「世界のフォトニック集積回路(PIC)市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-78115
• 発行年月:2022年10月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:電子・半導体
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

当資料(Global Photonic Integrated Circuit (PIC) Market)は世界のフォトニック集積回路(PIC)市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のフォトニック集積回路(PIC)市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。

最新調査によると、世界のフォトニック集積回路(PIC)市場規模は2021年のxxx百万ドルから2022年にはxxx百万ドルになると推定され、今後5年間の年平均成長率はxx%と予想されます。

フォトニック集積回路(PIC)市場の種類別(By Type)のセグメントは、ニオブ酸リチウム、シリコン上シリカ、絶縁体上シリコン、リン化インジウム、ヒ化アリウムをカバーしており、用途別(By Application)のセグメントは、光ファイバ通信、光ファイバセンサー、生物医療、量子コンピューティング、その他をカバーしています。地域別セグメントは、北米、米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどに区分して、フォトニック集積回路(PIC)の市場規模を調査しました。

当資料に含まれる主要企業は、Infinera、MACOM、Mellanox Technologies、…などがあり、各企業のフォトニック集積回路(PIC)販売状況、製品・事業概要、市場シェアなどを掲載しています。

【目次】

世界のフォトニック集積回路(PIC)市場概要(Global Photonic Integrated Circuit (PIC) Market)

主要企業の動向
– Infinera社の企業概要・製品概要
– Infinera社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Infinera社の事業動向
– MACOM社の企業概要・製品概要
– MACOM社の販売量・売上・価格・市場シェア
– MACOM社の事業動向
– Mellanox Technologies社の企業概要・製品概要
– Mellanox Technologies社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Mellanox Technologies社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2022年)

世界のフォトニック集積回路(PIC)市場(2017年~2027年)
– 種類別セグメント:ニオブ酸リチウム、シリコン上シリカ、絶縁体上シリコン、リン化インジウム、ヒ化アリウム
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別セグメント:光ファイバ通信、光ファイバセンサー、生物医療、量子コンピューティング、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

主要地域におけるフォトニック集積回路(PIC)市場規模

北米のフォトニック集積回路(PIC)市場(2017年~2027年)
– 北米のフォトニック集積回路(PIC)市場:種類別
– 北米のフォトニック集積回路(PIC)市場:用途別
– 米国のフォトニック集積回路(PIC)市場規模
– カナダのフォトニック集積回路(PIC)市場規模
– メキシコのフォトニック集積回路(PIC)市場規模

ヨーロッパのフォトニック集積回路(PIC)市場(2017年~2027年)
– ヨーロッパのフォトニック集積回路(PIC)市場:種類別
– ヨーロッパのフォトニック集積回路(PIC)市場:用途別
– ドイツのフォトニック集積回路(PIC)市場規模
– イギリスのフォトニック集積回路(PIC)市場規模
– フランスのフォトニック集積回路(PIC)市場規模

アジア太平洋のフォトニック集積回路(PIC)市場(2017年~2027年)
– アジア太平洋のフォトニック集積回路(PIC)市場:種類別
– アジア太平洋のフォトニック集積回路(PIC)市場:用途別
– 日本のフォトニック集積回路(PIC)市場規模
– 中国のフォトニック集積回路(PIC)市場規模
– インドのフォトニック集積回路(PIC)市場規模
– 東南アジアのフォトニック集積回路(PIC)市場規模

南米のフォトニック集積回路(PIC)市場(2017年~2027年)
– 南米のフォトニック集積回路(PIC)市場:種類別
– 南米のフォトニック集積回路(PIC)市場:用途別

中東・アフリカのフォトニック集積回路(PIC)市場(2017年~2027年)
– 中東・アフリカのフォトニック集積回路(PIC)市場:種類別
– 中東・アフリカのフォトニック集積回路(PIC)市場:用途別

フォトニック集積回路(PIC)の流通チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 農業投入物試験の世界市場
    農業投入物試験の世界市場レポート(Global Agriculture Inputs Testing Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ラボキット、オンサイトテストキット、用途別:糞尿検査、植物組織検査、バイオソリッド検査、コンポスト検査、肥料検査、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域 …
  • 世界の三フッ化ホウ素アセトニトリル錯体市場
    当資料(Global Boron Trifluoride Acetonitrile Complex Market)は世界の三フッ化ホウ素アセトニトリル錯体市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の三フッ化ホウ素アセトニトリル錯体市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:農業用、工業用、技術用、用途別:医薬品、ポリマー、農業、その他)、主要地 …
  • 世界の液体窒素貯蔵装置市場
    当資料(Global Liquid Nitrogen Storage Equipment Market)は世界の液体窒素貯蔵装置市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の液体窒素貯蔵装置市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ステンレスタンク、アルミタンク、その他、用途別:研究室&教育、製薬&病院、幹細胞&血液銀行、その他)、主要地域別市 …
  • 世界の子宮頸がん検査市場
    当資料(Global Cervical Cancer Test Market)は世界の子宮頸がん検査市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の子宮頸がん検査市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:パパニコロウ塗抹検査、HPV DNA検査、VIA検査、用途別:病院、研究所、医師オフィス・診療所)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情 …
  • RFIDセンサーの世界市場
    RFIDセンサーの世界市場レポート(Global RFID Sensor Market)では、セグメント別市場規模(種類別:低周波、高周波、超高周波、用途別:運輸・物流、医療、ホスピタリティ、食品・飲料、小売、製造、政府)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨ …
  • 世界の係留ブイ市場
    当資料(Global Mooring Buoy Market)は世界の係留ブイ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の係留ブイ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:プラスチック製係留ブイ、鋼製係留ブイ、その他、用途別:オフショア、沿岸&港、内陸水域)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要 …
  • 世界の工業用ハードマーガリン市場
    当資料(Global Industrial Hard Margarine Market)は世界の工業用ハードマーガリン市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の工業用ハードマーガリン市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:スプレッド、万能、バターブレンド、用途別:ベーカリー、スプレッド・ソース・トッピング、菓子、コンビニエンスフード、その …
  • ポテト用スナックペレット装置の世界市場
    ポテト用スナックペレット装置の世界市場レポート(Global Potato Based Snack Pellet Equipment Market)では、セグメント別市場規模(種類別:押出、混合、裁断、乾燥、その他、用途別:中小工場、大工場)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、 …
  • 世界の手動式蘇生器市場
    当資料(Global Manual Resuscitator Market)は世界の手動式蘇生器市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の手動式蘇生器市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:自己膨張式蘇生器、フロー膨張式蘇生器、用途別:病院、クリニック、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含ま …
  • 世界のグリホサート毒性市場
    当資料(Global Glyphosate Toxicity Market)は世界のグリホサート毒性市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のグリホサート毒性市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:IDAプロセス、グリシンプロセス、用途別:可溶性液体(SL)グリホサート除草剤、可溶性粉末(SP)グリホサート除草剤、可溶性顆粒(SG)グリホ …