世界の整形外科用義肢市場:2022年レポート

• 英文タイトル:Global Orthopedic Prosthetics Market

Global Orthopedic Prosthetics Market「世界の整形外科用義肢市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-61155
• 発行年月:2022年10月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:医療機器・医療消耗品
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

当資料(Global Orthopedic Prosthetics Market)は世界の整形外科用義肢市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の整形外科用義肢市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。

最新調査によると、世界の整形外科用義肢市場規模は2021年のxxx百万ドルから2022年にはxxx百万ドルになると推定され、今後5年間の年平均成長率はxx%と予想されます。

整形外科用義肢市場の種類別(By Type)のセグメントは、上部義肢、下部義肢をカバーしており、用途別(By Application)のセグメントは、障害児、障害者をカバーしています。地域別セグメントは、北米、米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどに区分して、整形外科用義肢の市場規模を調査しました。

当資料に含まれる主要企業は、Ottobock、Stryker、Touch Bionics、…などがあり、各企業の整形外科用義肢販売状況、製品・事業概要、市場シェアなどを掲載しています。

【目次】

世界の整形外科用義肢市場概要(Global Orthopedic Prosthetics Market)

主要企業の動向
– Ottobock社の企業概要・製品概要
– Ottobock社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Ottobock社の事業動向
– Stryker社の企業概要・製品概要
– Stryker社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Stryker社の事業動向
– Touch Bionics社の企業概要・製品概要
– Touch Bionics社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Touch Bionics社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2022年)

世界の整形外科用義肢市場(2017年~2027年)
– 種類別セグメント:上部義肢、下部義肢
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別セグメント:障害児、障害者
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

主要地域における整形外科用義肢市場規模

北米の整形外科用義肢市場(2017年~2027年)
– 北米の整形外科用義肢市場:種類別
– 北米の整形外科用義肢市場:用途別
– 米国の整形外科用義肢市場規模
– カナダの整形外科用義肢市場規模
– メキシコの整形外科用義肢市場規模

ヨーロッパの整形外科用義肢市場(2017年~2027年)
– ヨーロッパの整形外科用義肢市場:種類別
– ヨーロッパの整形外科用義肢市場:用途別
– ドイツの整形外科用義肢市場規模
– イギリスの整形外科用義肢市場規模
– フランスの整形外科用義肢市場規模

アジア太平洋の整形外科用義肢市場(2017年~2027年)
– アジア太平洋の整形外科用義肢市場:種類別
– アジア太平洋の整形外科用義肢市場:用途別
– 日本の整形外科用義肢市場規模
– 中国の整形外科用義肢市場規模
– インドの整形外科用義肢市場規模
– 東南アジアの整形外科用義肢市場規模

南米の整形外科用義肢市場(2017年~2027年)
– 南米の整形外科用義肢市場:種類別
– 南米の整形外科用義肢市場:用途別

中東・アフリカの整形外科用義肢市場(2017年~2027年)
– 中東・アフリカの整形外科用義肢市場:種類別
– 中東・アフリカの整形外科用義肢市場:用途別

整形外科用義肢の流通チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界のトイレ用補助手すり市場
    当資料(Global Toilet Seat Raisers Market)は世界のトイレ用補助手すり市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のトイレ用補助手すり市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:細長タイプ、標準タイプ、用途別:高齢者、大人)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要企業は …
  • 世界の食用寒天市場
    当資料(Global Edible Agar Market)は世界の食用寒天市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の食用寒天市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:シュガーフリー、シュガー、用途別:ドリンク、ゼリー、缶詰肉、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要企業は、Marine …
  • オーディオ&ビデオコネクタの世界市場
    オーディオ&ビデオコネクタの世界市場レポート(Global Audio and Video Connectors Market)では、セグメント別市場規模(種類別:アナログオーディオ、デジタルオーディオ、その他、用途別:動力付き、ボリュームコントロール、ビデオ、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国 …
  • マイコプラズマプレート抗原の世界市場
    マイコプラズマプレート抗原の世界市場レポート(Global Mycoplasma Plate Antigen Market)では、セグメント別市場規模(種類別:プレート凝集試験製品、確認試験試薬、用途別:医薬品開発、感染症治療、動物医療研究、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、ア …
  • 世界の船舶用連続アンローダ市場
    当資料(Global Continuous Ship Unloader Market)は世界の船舶用連続アンローダ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の船舶用連続アンローダ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:バケットホイールタイプ、スクリュータイプ、バケットチェーンタイプ、ツインベルトタイプ、その他、用途別:港湾・ターミナル、石炭 …
  • パーティー箔風船の世界市場
    パーティー箔風船の世界市場レポート(Global Party Foil Balloons Market)では、セグメント別市場規模(種類別:プレーン、数字、文字、その他のタイプ、用途別:商業、住宅、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ …
  • 空冷式同期コンデンサーの世界市場
    空冷式同期コンデンサーの世界市場レポート(Global Air Cooling Synchronous Condenser Market)では、セグメント別市場規模(種類別:200M変数、用途別:風力発電、水力発電、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、 …
  • こんにゃく製品の世界市場
    こんにゃく製品の世界市場レポート(Global Konjac Products Market)では、セグメント別市場規模(種類別:こんにゃくパウダー、こんにゃくチップス、用途別:食品、飼料、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリ …
  • 世界の3D音響・画像センサー市場
    当資料(Global 3D Acoustic and Image Sensor Market)は世界の3D音響・画像センサー市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の3D音響・画像センサー市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:3D音響センサー、3Dイメージセンサー、用途別:家庭用電化製品、ロボット及びドローン、マシンビジョン及び産業オー …
  • 放射線測定器の世界市場
    放射線測定器の世界市場レポート(Global Radiation Measuring Instrument Market)では、セグメント別市場規模(種類別:シンチレーション検出器、中性子検出器、ガイガーカウンター、その他、用途別:医療、防衛、工業及び製造、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分 …