世界の油田ケーシングスプール市場:企業別、種類別、用途別、地域別

• 英文タイトル:Global Oilfield Casing Spools Market

Global Oilfield Casing Spools Market「世界の油田ケーシングスプール市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-53795
• 発行年月:2024年06月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:機械・装置
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

当資料(Global Oilfield Casing Spools Market)は世界の油田ケーシングスプール市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の油田ケーシングスプール市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。

最新調査によると、世界の油田ケーシングスプール市場規模は2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルになると推定され、今後5年間の年平均成長率はxx%と予想されます。

油田ケーシングスプール市場の種類別(By Type)のセグメントは、ライトケーシングストリングスプール、中間ケーシングストリングスプール、エクストリームケーシングストリングスプールをカバーしており、用途別(By Application)のセグメントは、オンショア、オフショアをカバーしています。地域別セグメントは、北米、米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどに区分して、油田ケーシングスプールの市場規模を調査しました。

当資料に含まれる主要企業は、BHGE、 Worldwide Oilfield Machine、 Schlumberger、…などがあり、各企業の油田ケーシングスプール販売状況、製品・事業概要、市場シェアなどを掲載しています。

【目次】

世界の油田ケーシングスプール市場概要(Global Oilfield Casing Spools Market)

主要企業の動向
– BHGE社の企業概要・製品概要
– BHGE社の販売量・売上・価格・市場シェア
– BHGE社の事業動向
– Worldwide Oilfield Machine社の企業概要・製品概要
– Worldwide Oilfield Machine社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Worldwide Oilfield Machine社の事業動向
– Schlumberger社の企業概要・製品概要
– Schlumberger社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Schlumberger社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2024年)

世界の油田ケーシングスプール市場(2019年~2029年)
– 種類別セグメント:ライトケーシングストリングスプール、中間ケーシングストリングスプール、エクストリームケーシングストリングスプール
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別セグメント:オンショア、オフショア
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

主要地域における油田ケーシングスプール市場規模

北米の油田ケーシングスプール市場(2019年~2029年)
– 北米の油田ケーシングスプール市場:種類別
– 北米の油田ケーシングスプール市場:用途別
– 米国の油田ケーシングスプール市場規模
– カナダの油田ケーシングスプール市場規模
– メキシコの油田ケーシングスプール市場規模

ヨーロッパの油田ケーシングスプール市場(2019年~2029年)
– ヨーロッパの油田ケーシングスプール市場:種類別
– ヨーロッパの油田ケーシングスプール市場:用途別
– ドイツの油田ケーシングスプール市場規模
– イギリスの油田ケーシングスプール市場規模
– フランスの油田ケーシングスプール市場規模

アジア太平洋の油田ケーシングスプール市場(2019年~2029年)
– アジア太平洋の油田ケーシングスプール市場:種類別
– アジア太平洋の油田ケーシングスプール市場:用途別
– 日本の油田ケーシングスプール市場規模
– 中国の油田ケーシングスプール市場規模
– インドの油田ケーシングスプール市場規模
– 東南アジアの油田ケーシングスプール市場規模

南米の油田ケーシングスプール市場(2019年~2029年)
– 南米の油田ケーシングスプール市場:種類別
– 南米の油田ケーシングスプール市場:用途別

中東・アフリカの油田ケーシングスプール市場(2019年~2029年)
– 中東・アフリカの油田ケーシングスプール市場:種類別
– 中東・アフリカの油田ケーシングスプール市場:用途別

油田ケーシングスプールの流通チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界の中電圧ドライブ市場
    当資料(Global Medium Voltage Drives Market)は世界の中電圧ドライブ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の中電圧ドライブ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:最大0.2MW、> 0.2 0.6 MW、> 0.6 3 MW、> 3-7.5 MW、> 7.5-10 MW、> 10 MW-20 MW、> …
  • 炭層メタン掘削リグの世界市場
    炭層メタン掘削リグの世界市場レポート(Global Coal Bed Methane Drilling Rigs Market)では、セグメント別市場規模(種類別:トラック搭載リグ、ドローラーリグ、用途別:垂直井戸、水平井戸)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ …
  • 世界の穀物砲撃機市場
    当資料(Global Grain Shelling Machine Market)は世界の穀物砲撃機市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の穀物砲撃機市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:縦型砲撃機、横型砲撃機、用途別:米、小麦、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要企業は、Am …
  • 自動車用エアバッグコントロールユニット(ACU)の世界市場
    自動車用エアバッグコントロールユニット(ACU)の世界市場レポート(Global Automotive Airbag Control Unit (ACU) Market)では、セグメント別市場規模(種類別:運転席フロントエアバッグ、助手席フロントエアバッグ、フロントサイドエアバッグ、リアサイドエアバッグ、センターエアバッグ、ニーエアバッグ、用途別:乗用車、商用車)、主要地域と国別市場規模、国内外の …
  • 世界のロータリーエンコーダー市場
    当資料(Global Rotary Encoders Market)は世界のロータリーエンコーダー市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のロータリーエンコーダー市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:インクリメンタルロータリーエンコーダー、アブソリュートロータリーエンコーダー、用途別:エレベーター産業、工作機械、モーター、食品・包装、そ …
  • 世界のコンビネーショントラック市場
    当資料(Global Combination Trucks Market)は世界のコンビネーショントラック市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のコンビネーショントラック市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:小型コンビネーショントラック、中型コンビネーショントラック、大型コンビネーショントラック、用途別:運輸業、石油・ガス業、その他) …
  • 関節炎粘液補充療法の世界市場
    関節炎粘液補充療法の世界市場レポート(Global Viscosupplementation Treatment for Arthritis Market)では、セグメント別市場規模(種類別:単回注射、3回注射、5回注射、用途別:病院、クリニック、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北 …
  • 世界のファイバーコンバーター市場
    当資料(Global Fiber Converter Market)は世界のファイバーコンバーター市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のファイバーコンバーター市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:10/100 Mbpsタイプ、1000Mbpsタイプ、その他、用途別:IPセキュリティ、ファクトリーオートメーション、輸送システム、電気事 …
  • 世界の輸送車両用ゴムメタル防振マウント市場
    当資料(Global Transportation Vehicles Rubber Metal Anti-Vibration Mounts Market)は世界の輸送車両用ゴムメタル防振マウント市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の輸送車両用ゴムメタル防振マウント市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:円筒形マウント、ブッシングマウン …
  • ワンピースボールバルブの世界市場
    ワンピースボールバルブの世界市場レポート(Global One Piece Ball Valves Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ワンピースねじ込みエンドボールバルブ、ワンピースフランジエンドボールバルブ、ワンピースねじ込みボールバルブ、用途別:工業、商業、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行い …