世界の積層造形用金属粉末市場:種類別・用途別・地域別分析

• 英文タイトル:Global Metal Powder for Additive Manufacturing Market

Global Metal Powder for Additive Manufacturing Market「世界の積層造形用金属粉末市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-65324
• 発行年月:2023年01月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:材料・化学物質
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

当資料(Global Metal Powder for Additive Manufacturing Market)は世界の積層造形用金属粉末市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の積層造形用金属粉末市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。

最新調査によると、世界の積層造形用金属粉末市場規模は2022年のxxx百万ドルから2023年にはxxx百万ドルになると推定され、今後5年間の年平均成長率はxx%と予想されます。

積層造形用金属粉末市場の種類別(By Type)のセグメントは、鉄系、チタン系、ニッケル系、アルミ系、その他をカバーしており、用途別(By Application)のセグメントは、航空宇宙・防衛、金型製作、自動車、医療、その他をカバーしています。地域別セグメントは、北米、米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどに区分して、積層造形用金属粉末の市場規模を調査しました。

当資料に含まれる主要企業は、Sandvik、Hoganas、Carpenter Technology、…などがあり、各企業の積層造形用金属粉末販売状況、製品・事業概要、市場シェアなどを掲載しています。

【目次】

世界の積層造形用金属粉末市場概要(Global Metal Powder for Additive Manufacturing Market)

主要企業の動向
– Sandvik社の企業概要・製品概要
– Sandvik社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Sandvik社の事業動向
– Hoganas社の企業概要・製品概要
– Hoganas社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Hoganas社の事業動向
– Carpenter Technology社の企業概要・製品概要
– Carpenter Technology社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Carpenter Technology社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2023年)

世界の積層造形用金属粉末市場(2018年~2028年)
– 種類別セグメント:鉄系、チタン系、ニッケル系、アルミ系、その他
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別セグメント:航空宇宙・防衛、金型製作、自動車、医療、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

主要地域における積層造形用金属粉末市場規模

北米の積層造形用金属粉末市場(2018年~2028年)
– 北米の積層造形用金属粉末市場:種類別
– 北米の積層造形用金属粉末市場:用途別
– 米国の積層造形用金属粉末市場規模
– カナダの積層造形用金属粉末市場規模
– メキシコの積層造形用金属粉末市場規模

ヨーロッパの積層造形用金属粉末市場(2018年~2028年)
– ヨーロッパの積層造形用金属粉末市場:種類別
– ヨーロッパの積層造形用金属粉末市場:用途別
– ドイツの積層造形用金属粉末市場規模
– イギリスの積層造形用金属粉末市場規模
– フランスの積層造形用金属粉末市場規模

アジア太平洋の積層造形用金属粉末市場(2018年~2028年)
– アジア太平洋の積層造形用金属粉末市場:種類別
– アジア太平洋の積層造形用金属粉末市場:用途別
– 日本の積層造形用金属粉末市場規模
– 中国の積層造形用金属粉末市場規模
– インドの積層造形用金属粉末市場規模
– 東南アジアの積層造形用金属粉末市場規模

南米の積層造形用金属粉末市場(2018年~2028年)
– 南米の積層造形用金属粉末市場:種類別
– 南米の積層造形用金属粉末市場:用途別

中東・アフリカの積層造形用金属粉末市場(2018年~2028年)
– 中東・アフリカの積層造形用金属粉末市場:種類別
– 中東・アフリカの積層造形用金属粉末市場:用途別

積層造形用金属粉末の流通チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • ガスクロマトグラフィー(GC)&ガスクロマトグラフィー質量分析(GC-MS)の世界市場
    ガスクロマトグラフィー(GC)&ガスクロマトグラフィー質量分析(GC-MS)の世界市場レポート(Global Gas Chromatography (GC) and Gas Chromatography Mass Spectrometry (GC-MS) Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ガスクロマトグラフィー、ガスクロマトグラフィー質量分析、用途別:医療、官公庁、工業、その他)、 …
  • 合成研磨剤の世界市場
    合成研磨剤の世界市場レポート(Global Synthetic Abrasive Market)では、セグメント別市場規模(種類別:接着研磨剤、研磨布紙、超研磨剤、用途別:自動車、機械、金属加工、電気・電子機器、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨー …
  • タンパク質ベース脂肪代替品の世界市場
    タンパク質ベース脂肪代替品の世界市場レポート(Global Protein Based Fat Replacers Market)では、セグメント別市場規模(種類別:微粒子プロテイン、モディファイドホエイプロテインコンセントレート、その他、用途別:乳製品、食肉製品、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域 …
  • 世界のオンライン食事キット市場
    当資料(Global Online Meal Kit Market)は世界のオンライン食事キット市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のオンライン食事キット市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:惣菜、再加工食品、その他、用途別:ユーザー年齢(25歳以下)、ユーザー年齢(25-34)、ユーザー年齢(35-44)、ユーザー年齢(45-54 …
  • 世界の小信号スイッチングダイオード市場
    当資料(Global Small-Signal Switching Diodes Market)は世界の小信号スイッチングダイオード市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の小信号スイッチングダイオード市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:50V以下、50-100V、100V以上、用途別:公共交通、電子製品、工業生産、通信産業、その他) …
  • オンライン石炭灰分析装置の世界市場
    オンライン石炭灰分析装置の世界市場レポート(Global Online Coal Ash Analyzers Market)では、セグメント別市場規模(種類別:4200GAR、6000GCV、用途別:炭鉱、石炭洗浄プラント、石炭混合プラント、コークス化プラント、石炭火力発電所)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。 …
  • 生地設備の世界市場
    生地設備の世界市場レポート(Global Dough Equipment Market)では、セグメント別市場規模(種類別:シーター&成形機、ミキサー、生地ホッパー&シュート、ディバイダー、その他、用途別:ケーキ・ペストリー、クッキー・ビスケット、ピザクラスト、パン、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地 …
  • 労働力生産性システムの世界市場
    労働力生産性システムの世界市場レポート(Global Workforce Productivity Systems Market)では、セグメント別市場規模(種類別:クラウドベース、オンプレミス、用途別:大企業、中小企業)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨ …
  • 世界の屋外用クッション市場
    当資料(Global Outdoor Cushions Market)は世界の屋外用クッション市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の屋外用クッション市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:インフレータブルクッション、EVAフォームクッション、その他、用途別:ピクニック、防湿)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載してい …
  • 世界の澱粉市場
    当資料(Global Basic Starch Market)は世界の澱粉市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の澱粉市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:じゃがいも、小麦、トウモロコシ、キャッサバ、その他、用途別:ベーカリー製品、スナック食品、ソース、調味料、調味料・スープ、食事、コンビニ食品、惣菜)、主要地域別市場規模、流通チャネ …