リチウムイオン電池再利用の世界市場:2022年レポート

• 英文タイトル:Global Lithium-ion Battery Reuse Market

Global Lithium-ion Battery Reuse Market「リチウムイオン電池再利用の世界市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-37203
• 発行年月:2022年10月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:エネルギー&電力
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

リチウムイオン電池再利用の世界市場レポート(Global Lithium-ion Battery Reuse Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、リチウムイオン電池再利用の世界市場規模は、2021年のxxx百万ドルから2022年にはxxx百万ドルとなり、2021年から2022年の間にxx%の変化があると推定されています。リチウムイオン電池再利用の世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、リチウムイオン電池再利用の市場規模を算出しました。

リチウムイオン電池再利用市場は、種類別には、LiCoO2バッテリー、NMCバッテリー、LiFePO4バッテリー、その他に、用途別には、自動車、工業、電力、その他に区分してグローバルと主要地域における2017年~2027年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、Umicore、GEM、Brunp Recycling、…などがあり、各企業のリチウムイオン電池再利用販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

リチウムイオン電池再利用市場の概要(Global Lithium-ion Battery Reuse Market)

主要企業の動向
– Umicore社の企業概要・製品概要
– Umicore社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Umicore社の事業動向
– GEM社の企業概要・製品概要
– GEM社の販売量・売上・価格・市場シェア
– GEM社の事業動向
– Brunp Recycling社の企業概要・製品概要
– Brunp Recycling社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Brunp Recycling社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2022年)

リチウムイオン電池再利用の世界市場(2017年~2027年)
– 種類別区分:LiCoO2バッテリー、NMCバッテリー、LiFePO4バッテリー、その他
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:自動車、工業、電力、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

リチウムイオン電池再利用の地域別市場分析

リチウムイオン電池再利用の北米市場(2017年~2027年)
– リチウムイオン電池再利用の北米市場:種類別
– リチウムイオン電池再利用の北米市場:用途別
– リチウムイオン電池再利用のアメリカ市場規模
– リチウムイオン電池再利用のカナダ市場規模
– リチウムイオン電池再利用のメキシコ市場規模

リチウムイオン電池再利用のヨーロッパ市場(2017年~2027年)
– リチウムイオン電池再利用のヨーロッパ市場:種類別
– リチウムイオン電池再利用のヨーロッパ市場:用途別
– リチウムイオン電池再利用のドイツ市場規模
– リチウムイオン電池再利用のイギリス市場規模
– リチウムイオン電池再利用のフランス市場規模

リチウムイオン電池再利用のアジア市場(2017年~2027年)
– リチウムイオン電池再利用のアジア市場:種類別
– リチウムイオン電池再利用のアジア市場:用途別
– リチウムイオン電池再利用の日本市場規模
– リチウムイオン電池再利用の中国市場規模
– リチウムイオン電池再利用のインド市場規模
– リチウムイオン電池再利用の東南アジア市場規模

リチウムイオン電池再利用の南米市場(2017年~2027年)
– リチウムイオン電池再利用の南米市場:種類別
– リチウムイオン電池再利用の南米市場:用途別

リチウムイオン電池再利用の中東・アフリカ市場(2017年~2027年)
– リチウムイオン電池再利用の中東・アフリカ市場:種類別
– リチウムイオン電池再利用の中東・アフリカ市場:用途別

リチウムイオン電池再利用の販売チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界の産業用乾燥機市場
    当資料(Global Industrial Driers Market)は世界の産業用乾燥機市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の産業用乾燥機市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:回転式乾燥機、分散式乾燥機、流動床乾燥機、ベルト乾燥機、その他、用途別:エネルギー、建設、メーカー、鉱業、製薬、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル …
  • 世界のガーデン製品市場
    当資料(Global Garden Products Market)は世界のガーデン製品市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のガーデン製品市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:芝刈り機、トリマー、その他、用途別:家庭、公園、ゴルフ場、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要企業は …
  • 世界の三元電池市場
    当資料(Global Ternary Battery Market)は世界の三元電池市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の三元電池市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:パワータイプ、容量タイプ、低温タイプ、その他、用途別:自動車産業、医療産業、電子産業、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料 …
  • 筋萎縮性側索硬化症治療薬の世界市場
    筋萎縮性側索硬化症治療薬の世界市場レポート(Global Amyotrophic Lateral Sclerosis Therapeutics Market)では、セグメント別市場規模(種類別:リルゾール、エダラボン(ラディカバ)、その他、用途別:病院、薬局、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別 …
  • 急性間欠性ポルフィリン症の世界市場
    急性間欠性ポルフィリン症の世界市場レポート(Global Acute Intermittent Porphyria Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ゴナドトロピン放出ホルモン類似体、予防的ヘマチン注入、用途別:病院&診療所、研究センター)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北 …
  • 切り替え可能型バルブの世界市場
    切り替え可能型バルブの世界市場レポート(Global Switchable Valves Market)では、セグメント別市場規模(種類別:縦型バルブ、横型バルブ、用途別:自動車、機械器具、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリ …
  • 世界のセラミックUFメンブレン市場
    当資料(Global Ceramic UF Membrane Market)は世界のセラミックUFメンブレン市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のセラミックUFメンブレン市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:管状膜、フラットシート膜、用途別:水処理、生物学・医薬品、化学産業、食品・飲料、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析 …
  • 世界のオーラルケアラミネートチューブ市場
    当資料(Global Oral Care Laminated Tubes Market)は世界のオーラルケアラミネートチューブ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のオーラルケアラミネートチューブ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ABL、PBL、用途別:歯磨き粉、歯科用製品)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載し …
  • 呼気陽圧(PEP)デバイスの世界市場
    呼気陽圧(PEP)デバイスの世界市場レポート(Global Positive Expiratory Pressure (PEP) Devices Market)では、セグメント別市場規模(種類別:高圧PEP(26-102cm H2O)デバイス、低圧PEP(5-20​​cm H2O)デバイス、用途別:慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息、無気肺、気管支炎、気管支拡張症、嚢胞性線維症、その他)、主要地域 …
  • パーソナルケア契約製造の世界市場
    パーソナルケア契約製造の世界市場レポート(Global Personal Care Contract Manufacturing Market)では、セグメント別市場規模(種類別:天然物、合成品、用途別:ヘアケア、スキンケア、メイク&カラー化粧品、衛生ケア、フレグランス、オーラルケア)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行い …