生体イメージングシステムの世界市場:2024年レポート

• 英文タイトル:Global In Vivo Imaging System Market

Global In Vivo Imaging System Market「生体イメージングシステムの世界市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-29862
• 発行年月:2024年04月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:ヘルスケア
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

生体イメージングシステムの世界市場レポート(Global In Vivo Imaging System Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、生体イメージングシステムの世界市場規模は、2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルとなり、2023年から2024年の間にxx%の変化があると推定されています。生体イメージングシステムの世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、生体イメージングシステムの市場規模を算出しました。

生体イメージングシステム市場は、種類別には、磁気共鳴画像法(MRI)、デジタル血管造影、超音波、核画像、光学画像、その他に、用途別には、薬物治療反応のモニタリング、生体内分布研究、癌細胞検出、バイオマーカー、縦断的研究、エピジェネティクスに区分してグローバルと主要地域における2019年~2029年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、Olympus、Leica、Zeiss、…などがあり、各企業の生体イメージングシステム販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

生体イメージングシステム市場の概要(Global In Vivo Imaging System Market)

主要企業の動向
– Olympus社の企業概要・製品概要
– Olympus社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Olympus社の事業動向
– Leica社の企業概要・製品概要
– Leica社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Leica社の事業動向
– Zeiss社の企業概要・製品概要
– Zeiss社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Zeiss社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2024年)

生体イメージングシステムの世界市場(2019年~2029年)
– 種類別区分:磁気共鳴画像法(MRI)、デジタル血管造影、超音波、核画像、光学画像、その他
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:薬物治療反応のモニタリング、生体内分布研究、癌細胞検出、バイオマーカー、縦断的研究、エピジェネティクス
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

生体イメージングシステムの地域別市場分析

生体イメージングシステムの北米市場(2019年~2029年)
– 生体イメージングシステムの北米市場:種類別
– 生体イメージングシステムの北米市場:用途別
– 生体イメージングシステムのアメリカ市場規模
– 生体イメージングシステムのカナダ市場規模
– 生体イメージングシステムのメキシコ市場規模

生体イメージングシステムのヨーロッパ市場(2019年~2029年)
– 生体イメージングシステムのヨーロッパ市場:種類別
– 生体イメージングシステムのヨーロッパ市場:用途別
– 生体イメージングシステムのドイツ市場規模
– 生体イメージングシステムのイギリス市場規模
– 生体イメージングシステムのフランス市場規模

生体イメージングシステムのアジア市場(2019年~2029年)
– 生体イメージングシステムのアジア市場:種類別
– 生体イメージングシステムのアジア市場:用途別
– 生体イメージングシステムの日本市場規模
– 生体イメージングシステムの中国市場規模
– 生体イメージングシステムのインド市場規模
– 生体イメージングシステムの東南アジア市場規模

生体イメージングシステムの南米市場(2019年~2029年)
– 生体イメージングシステムの南米市場:種類別
– 生体イメージングシステムの南米市場:用途別

生体イメージングシステムの中東・アフリカ市場(2019年~2029年)
– 生体イメージングシステムの中東・アフリカ市場:種類別
– 生体イメージングシステムの中東・アフリカ市場:用途別

生体イメージングシステムの販売チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界の医療関係求人市場
    当資料(Global Medical Recruitment Market)は世界の医療関係求人市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の医療関係求人市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:オンライン、オフライン、用途別:医療専門家、救急医療スタッフ、医学研究、薬局、規制・品質、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲 …
  • BRAFキナーゼ阻害剤の世界市場
    BRAFキナーゼ阻害剤の世界市場レポート(Global BRAF Kinase Inhibitors Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ダブラフェニブ、ソラフェニブ、ベムラフェニブ、エンコラフェニブ、用途別:病院、医学研究所、クリニック、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析で …
  • スズ中間体の世界市場
    スズ中間体の世界市場レポート(Global Tin Intermediates Market)では、セグメント別市場規模(種類別:有機スズ中間体、無機スズ中間体、用途別:自動車用コーティングシステム、PVC安定剤、ガラスコーティング剤、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ …
  • 爆発増感剤の世界市場
    爆発増感剤の世界市場レポート(Global Explosion Sensitizer Market)では、セグメント別市場規模(種類別:物理増感剤、化学増感剤、用途別:鉱業、道路建設、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フ …
  • 世界の妊婦用放射線スーツ市場
    当資料(Global Pregnant Radiation Suit Market)は世界の妊婦用放射線スーツ市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の妊婦用放射線スーツ市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:コーティングタイプ、マルチイオンタイプ、金属繊維タイプ、用途別:妊娠0-3ヶ月、妊娠3-6ヶ月、妊娠6ヶ月以上)、主要地域別市場規 …
  • 世界のタルク緑泥石市場
    当資料(Global Talc Chlorite Market)は世界のタルク緑泥石市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のタルク緑泥石市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:水和マグネシウム、ケイ酸アルミニウム、用途別:セラミック、塗料、化粧品、医薬品、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に …
  • デジタルプリントフィルムの世界市場
    デジタルプリントフィルムの世界市場レポート(Global Digital Print Film Market)では、セグメント別市場規模(種類別:溶剤系フィルム、水性フィルム、用途別:医療用、電子機器、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ド …
  • インターベンショナルラジオロジー用製品の世界市場
    インターベンショナルラジオロジー用製品の世界市場レポート(Global Interventional Radiology Products Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ステント、カテーテル、IVCフィルター、付属品、用途別:腫瘍、心臓病、泌尿器科・腎臓病)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。 …
  • 硝酸ルビジウムの世界市場
    硝酸ルビジウムの世界市場レポート(Global Rubidium Nitrate Market)では、セグメント別市場規模(種類別:工業用、電池用、用途別:プロモーター、電池、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、 …
  • 成人および小児用血液濃縮器の世界市場
    成人および小児用血液濃縮器の世界市場レポート(Global Adult and Pediatric Hemoconcentrators Market)では、セグメント別市場規模(種類別:成人用血液濃縮器、小児用血液濃縮器、用途別:病院、外来手術センター(ASC))、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析 …