世界の遺伝カウンセリング市場:市場規模・動向・予測

• 英文タイトル:Global Genetic Counseling Market

Global Genetic Counseling Market「世界の遺伝カウンセリング市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-71560
• 発行年月:2022年10月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:医療
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

当資料(Global Genetic Counseling Market)は世界の遺伝カウンセリング市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の遺伝カウンセリング市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。

最新調査によると、世界の遺伝カウンセリング市場規模は2021年のxxx百万ドルから2022年にはxxx百万ドルになると推定され、今後5年間の年平均成長率はxx%と予想されます。

遺伝カウンセリング市場の種類別(By Type)のセグメントは、リスク評価、薬理ゲノミクス、その他遺伝カウンセリングサービスをカバーしており、用途別(By Application)のセグメントは、プロアクティブリスク評価、ITT患者用GC、出生前&先入観ケア、小児ケア、その他をカバーしています。地域別セグメントは、北米、米国、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどに区分して、遺伝カウンセリングの市場規模を調査しました。

当資料に含まれる主要企業は、Quest Diagnostics Incorporated、Invitae Corporation、Laboratory Corporation of America、…などがあり、各企業の遺伝カウンセリング販売状況、製品・事業概要、市場シェアなどを掲載しています。

【目次】

世界の遺伝カウンセリング市場概要(Global Genetic Counseling Market)

主要企業の動向
– Quest Diagnostics Incorporated社の企業概要・製品概要
– Quest Diagnostics Incorporated社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Quest Diagnostics Incorporated社の事業動向
– Invitae Corporation社の企業概要・製品概要
– Invitae Corporation社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Invitae Corporation社の事業動向
– Laboratory Corporation of America社の企業概要・製品概要
– Laboratory Corporation of America社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Laboratory Corporation of America社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2022年)

世界の遺伝カウンセリング市場(2017年~2027年)
– 種類別セグメント:リスク評価、薬理ゲノミクス、その他遺伝カウンセリングサービス
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別セグメント:プロアクティブリスク評価、ITT患者用GC、出生前&先入観ケア、小児ケア、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

主要地域における遺伝カウンセリング市場規模

北米の遺伝カウンセリング市場(2017年~2027年)
– 北米の遺伝カウンセリング市場:種類別
– 北米の遺伝カウンセリング市場:用途別
– 米国の遺伝カウンセリング市場規模
– カナダの遺伝カウンセリング市場規模
– メキシコの遺伝カウンセリング市場規模

ヨーロッパの遺伝カウンセリング市場(2017年~2027年)
– ヨーロッパの遺伝カウンセリング市場:種類別
– ヨーロッパの遺伝カウンセリング市場:用途別
– ドイツの遺伝カウンセリング市場規模
– イギリスの遺伝カウンセリング市場規模
– フランスの遺伝カウンセリング市場規模

アジア太平洋の遺伝カウンセリング市場(2017年~2027年)
– アジア太平洋の遺伝カウンセリング市場:種類別
– アジア太平洋の遺伝カウンセリング市場:用途別
– 日本の遺伝カウンセリング市場規模
– 中国の遺伝カウンセリング市場規模
– インドの遺伝カウンセリング市場規模
– 東南アジアの遺伝カウンセリング市場規模

南米の遺伝カウンセリング市場(2017年~2027年)
– 南米の遺伝カウンセリング市場:種類別
– 南米の遺伝カウンセリング市場:用途別

中東・アフリカの遺伝カウンセリング市場(2017年~2027年)
– 中東・アフリカの遺伝カウンセリング市場:種類別
– 中東・アフリカの遺伝カウンセリング市場:用途別

遺伝カウンセリングの流通チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 硫酸第一鉄七水和物の世界市場
    硫酸第一鉄七水和物の世界市場レポート(Global Ferrous Sulfate Heptahydrate Market)では、セグメント別市場規模(種類別:食品用硫酸第一鉄七水和物、農業用硫酸第一鉄七水和物、工業用硫酸第一鉄七水和物、医薬品用硫酸第一鉄七水和物、用途別:水処理、動物飼料、肥料、触媒、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項 …
  • シングルサインオンの世界市場
    シングルサインオンの世界市場レポート(Global Single Sign-on Market)では、セグメント別市場規模(種類別:エンタープライズシングルサインオン、フェデレーション・Webベースシングルサインオン、Windows統合シングルサインオン、用途別:金融、IT&通信、小売&CPG、公共部門&ユーティリティ、教育、通信メディア&サービス、医療&ライフサイエンス、旅行&ホスピタリティ、そ …
  • 亜鉛EDTAの世界市場
    亜鉛EDTAの世界市場レポート(Global Zinc EDTA Market)では、セグメント別市場規模(種類別:純度≥99%、純度
  • 世界の新生児用ウォーマ装置市場
    当資料(Global Neonatal Warmer Devices Market)は世界の新生児用ウォーマ装置市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の新生児用ウォーマ装置市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:単機能、多機能、用途別:病院、クリニック)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主 …
  • 金属シュレッダーの世界市場
    金属シュレッダーの世界市場レポート(Global Metal Shredders Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ラフタイプメタルシュレッダー、ミディアムタイプメタルシュレッダー、ファインタイプメタルシュレッダー、用途別:金属製錬、金属リサイクル、ケーブル細断、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行 …
  • 母乳オリゴ糖の世界市場
    母乳オリゴ糖の世界市場レポート(Global Human Milk Oligosaccharides Market)では、セグメント別市場規模(種類別:フコシルラクトース、LNT&LNNT、シアリルラクトース、用途別:食品・飲料、栄養補助食品、人・動物健康成分、乳児用調製粉乳)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。 …
  • バレニクリン酒石酸塩の世界市場
    バレニクリン酒石酸塩の世界市場レポート(Global Varenicline Tartrate Market)では、セグメント別市場規模(種類別:0.5Mg錠、1.0Mg錠、その他、用途別:中毒、統合失調症、ヘルペス後疼痛、アルツハイマー病、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、ア …
  • 頭皮冷却システムの世界市場
    頭皮冷却システムの世界市場レポート(Global Scalp Cooling Systems Market)では、セグメント別市場規模(種類別:化学療法による脱毛、新生児脳症、心停止、その他、用途別:病院、クリニック、外来外科センター)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ …
  • 酔い止め薬の世界市場
    酔い止め薬の世界市場レポート(Global Seasickness Medicine Market)では、セグメント別市場規模(種類別:抗コリン薬、抗ヒスタミン剤、その他、用途別:大人、子供)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フ …
  • PEEKインプラントの世界市場
    PEEKインプラントの世界市場レポート(Global PEEK Implants Market)では、セグメント別市場規模(種類別:歯科用インプラント、スピンインプラント、ジョイントインプラント、その他、用途別:病院、クリニック、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナ …