食品用ビタミンプレミックスの世界市場:市場規模・動向・予測

• 英文タイトル:Global Food Grade Vitamin Premix Market

Global Food Grade Vitamin Premix Market「食品用ビタミンプレミックスの世界市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-09143
• 発行年月:2024年01月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:食品・飲料
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

食品用ビタミンプレミックスの世界市場レポート(Global Food Grade Vitamin Premix Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、食品用ビタミンプレミックスの世界市場規模は、2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルとなり、2023年から2024年の間にxx%の変化があると推定されています。食品用ビタミンプレミックスの世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、食品用ビタミンプレミックスの市場規模を算出しました。

食品用ビタミンプレミックス市場は、種類別には、10%有効物質含有量、20%有効物質含有量、30%有効物質含有量、その他に、用途別には、乳児用フォーミュラ、臨床栄養、スポーツ栄養、栄養ドリンク、乳製品に区分してグローバルと主要地域における2019年~2029年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、DSM、Glanbia Nutritionals、Hexagon Nutrition、…などがあり、各企業の食品用ビタミンプレミックス販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

食品用ビタミンプレミックス市場の概要(Global Food Grade Vitamin Premix Market)

主要企業の動向
– DSM社の企業概要・製品概要
– DSM社の販売量・売上・価格・市場シェア
– DSM社の事業動向
– Glanbia Nutritionals社の企業概要・製品概要
– Glanbia Nutritionals社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Glanbia Nutritionals社の事業動向
– Hexagon Nutrition社の企業概要・製品概要
– Hexagon Nutrition社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Hexagon Nutrition社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2024年)

食品用ビタミンプレミックスの世界市場(2019年~2029年)
– 種類別区分:10%有効物質含有量、20%有効物質含有量、30%有効物質含有量、その他
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:乳児用フォーミュラ、臨床栄養、スポーツ栄養、栄養ドリンク、乳製品
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

食品用ビタミンプレミックスの地域別市場分析

食品用ビタミンプレミックスの北米市場(2019年~2029年)
– 食品用ビタミンプレミックスの北米市場:種類別
– 食品用ビタミンプレミックスの北米市場:用途別
– 食品用ビタミンプレミックスのアメリカ市場規模
– 食品用ビタミンプレミックスのカナダ市場規模
– 食品用ビタミンプレミックスのメキシコ市場規模

食品用ビタミンプレミックスのヨーロッパ市場(2019年~2029年)
– 食品用ビタミンプレミックスのヨーロッパ市場:種類別
– 食品用ビタミンプレミックスのヨーロッパ市場:用途別
– 食品用ビタミンプレミックスのドイツ市場規模
– 食品用ビタミンプレミックスのイギリス市場規模
– 食品用ビタミンプレミックスのフランス市場規模

食品用ビタミンプレミックスのアジア市場(2019年~2029年)
– 食品用ビタミンプレミックスのアジア市場:種類別
– 食品用ビタミンプレミックスのアジア市場:用途別
– 食品用ビタミンプレミックスの日本市場規模
– 食品用ビタミンプレミックスの中国市場規模
– 食品用ビタミンプレミックスのインド市場規模
– 食品用ビタミンプレミックスの東南アジア市場規模

食品用ビタミンプレミックスの南米市場(2019年~2029年)
– 食品用ビタミンプレミックスの南米市場:種類別
– 食品用ビタミンプレミックスの南米市場:用途別

食品用ビタミンプレミックスの中東・アフリカ市場(2019年~2029年)
– 食品用ビタミンプレミックスの中東・アフリカ市場:種類別
– 食品用ビタミンプレミックスの中東・アフリカ市場:用途別

食品用ビタミンプレミックスの販売チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界のナイロン6/6市場
    当資料(Global Nylon 6/6 Market)は世界のナイロン6/6市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のナイロン6/6市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:衝撃改質剤変性ナイロン6/6、繊維変性ナイロン6/6、内部潤滑剤変性ナイロン6/6、フィラー変性ナイロン6/6、その他、用途別:電子・電気、自動車、機械・設備、包装、 …
  • 世界のコミュニケーション・コラボレーション市場
    当資料(Global Communications & Collaboration Market)は世界のコミュニケーション・コラボレーション市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のコミュニケーション・コラボレーション市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ハイブリッド、クラウドベース(のみ)、用途別:中小企業、大企業)、主要地域別市場 …
  • 世界の非運動用水着市場
    当資料(Global Non-Athletic Swimwear Market)は世界の非運動用水着市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の非運動用水着市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ナイロン、ポリエステル、その他、用途別:男性、女性、子供)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要企 …
  • ポリイソブテン(PIB)の世界市場
    ポリイソブテン(PIB)の世界市場レポート(Global Polyisobutene (PIB) Market)では、セグメント別市場規模(種類別:低分子量、中分子量、高分子量、用途別:接着剤、電気絶縁材料、潤滑剤&グリース、シーラント&コーキング、ラップフィルム、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域 …
  • 炭酸ジュースの世界市場
    炭酸ジュースの世界市場レポート(Global Sparkling Juices Market)では、セグメント別市場規模(種類別:炭酸ジュースドリンク、100%炭酸ジュース、用途別:スーパーマーケット、大型スーパーマーケット、コンビニエンスストア、オンラインストア、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域 …
  • ラウリン酸亜鉛の世界市場
    ラウリン酸亜鉛の世界市場レポート(Global Zinc Laurate Market)では、セグメント別市場規模(種類別:工業用、化粧品用、用途別:プラスチック産業、パーソナルケア製品、塗料産業、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ …
  • 世界のスポンジ鉗子市場
    当資料(Global Sponge Forceps Market)は世界のスポンジ鉗子市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のスポンジ鉗子市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:歯型スポンジ鉗子、歯なし型スポンジ鉗子、用途別:クランプツール、婦人科、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれ …
  • 世界のX線非破壊検査(NDT)市場
    当資料(Global X-ray Non-destructive Testing (NDT) Market)は世界のX線非破壊検査(NDT)市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のX線非破壊検査(NDT)市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:固定型NDT、携帯型NDT、用途別:航空宇宙、自動車産業、石油・ガス産業、インフラ産業、発電産 …
  • シメチコンの世界市場
    シメチコンの世界市場レポート(Global Simethicone Market)では、セグメント別市場規模(種類別:シメチコン(100%)、シメチコンエマルジョン(30%)、用途別:医薬品有効成分、医薬品添加剤、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨ …
  • 世界の自動車用フロントキャリパー市場
    当資料(Global Automobile Front Caliper Market)は世界の自動車用フロントキャリパー市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の自動車用フロントキャリパー市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:1ピストンキャリパー、2ピストンキャリパー、マルチピストンキャリパー、用途別:乗用車、商用車)、主要地域別市場規 …