難燃性不織布の世界市場:種類別・用途別・地域別分析

• 英文タイトル:Global Flame Retardant Nonwoven Market

Global Flame Retardant Nonwoven Market「難燃性不織布の世界市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-06763
• 発行年月:2023年01月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:Chemical & Material
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

難燃性不織布の世界市場レポート(Global Flame Retardant Nonwoven Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、難燃性不織布の世界市場規模は、2022年のxxx百万ドルから2023年にはxxx百万ドルとなり、2022年から2023年の間にxx%の変化があると推定されています。難燃性不織布の世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、難燃性不織布の市場規模を算出しました。

難燃性不織布市場は、種類別には、乳剤、非乳剤に、用途別には、建材、自動車内装、公益事業、家庭用織物、その他に区分してグローバルと主要地域における2018年~2028年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、Toray Industries、AMBIC、Milliken、…などがあり、各企業の難燃性不織布販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

難燃性不織布市場の概要(Global Flame Retardant Nonwoven Market)

主要企業の動向
– Toray Industries社の企業概要・製品概要
– Toray Industries社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Toray Industries社の事業動向
– AMBIC社の企業概要・製品概要
– AMBIC社の販売量・売上・価格・市場シェア
– AMBIC社の事業動向
– Milliken社の企業概要・製品概要
– Milliken社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Milliken社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2023年)

難燃性不織布の世界市場(2018年~2028年)
– 種類別区分:乳剤、非乳剤
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:建材、自動車内装、公益事業、家庭用織物、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

難燃性不織布の地域別市場分析

難燃性不織布の北米市場(2018年~2028年)
– 難燃性不織布の北米市場:種類別
– 難燃性不織布の北米市場:用途別
– 難燃性不織布のアメリカ市場規模
– 難燃性不織布のカナダ市場規模
– 難燃性不織布のメキシコ市場規模

難燃性不織布のヨーロッパ市場(2018年~2028年)
– 難燃性不織布のヨーロッパ市場:種類別
– 難燃性不織布のヨーロッパ市場:用途別
– 難燃性不織布のドイツ市場規模
– 難燃性不織布のイギリス市場規模
– 難燃性不織布のフランス市場規模

難燃性不織布のアジア市場(2018年~2028年)
– 難燃性不織布のアジア市場:種類別
– 難燃性不織布のアジア市場:用途別
– 難燃性不織布の日本市場規模
– 難燃性不織布の中国市場規模
– 難燃性不織布のインド市場規模
– 難燃性不織布の東南アジア市場規模

難燃性不織布の南米市場(2018年~2028年)
– 難燃性不織布の南米市場:種類別
– 難燃性不織布の南米市場:用途別

難燃性不織布の中東・アフリカ市場(2018年~2028年)
– 難燃性不織布の中東・アフリカ市場:種類別
– 難燃性不織布の中東・アフリカ市場:用途別

難燃性不織布の販売チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 有機生物肥料の世界市場
    有機生物肥料の世界市場レポート(Global Organic Biological Fertilize Market)では、セグメント別市場規模(種類別:窒素固定、リン酸可溶化、カリ流動化、その他、用途別:穀物・穀類、豆類・油糧種子、果物・野菜、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米 …
  • 世界の磁気ワイヤレスパワーバンク市場
    当資料(Global Magnetic Wireless Charging Power Bank Market)は世界の磁気ワイヤレスパワーバンク市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の磁気ワイヤレスパワーバンク市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:3000mAh以下、3001-5000mAh、5001-10000mAh、10000m …
  • 世界のボディスプレー市場
    当資料(Global Body Spray Market)は世界のボディスプレー市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のボディスプレー市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:保湿ミスト、消臭ミスト、その他、用途別:男性用、女性用)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲載しています。当資料に含まれる主要企業は、Este La …
  • 電気面取り機の世界市場
    電気面取り機の世界市場レポート(Global Electric Chamfering Machines Market)では、セグメント別市場規模(種類別:据置型面取り機、移動式面取り機、用途別:金型製作、金物機械製作、工作機械製作、油圧部品製作、バルブ製作)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、 …
  • メタクロロアニリン(MCA)の世界市場
    メタクロロアニリン(MCA)の世界市場レポート(Global Meta Chloro Aniline (MCA) (CAS 108-42-9) Market)では、セグメント別市場規模(種類別:純度≥99.0%、純度≥99.5%、純度≥99.9%、用途別:医薬中間体、農薬中間体、染料中間体、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳 …
  • 世界のオンラインドクター&医療サービス市場
    当資料(Global Online Doctor & Medical Service Market)は世界のオンラインドクター&医療サービス市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のオンラインドクター&医療サービス市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:病院ベース、サードパーティプラットフォームベース、用途別:予約登録、オンライン診断、オ …
  • カリ肥料の世界市場
    カリ肥料の世界市場レポート(Global Potash Fertilizer Market)では、セグメント別市場規模(種類別:液体、固体、用途別:放送、葉、施術)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋 …
  • 世界の空冷コロナ放電オゾン発生器市場
    当資料(Global Air Cooling Corona Discharge Ozone Generator Market)は世界の空冷コロナ放電オゾン発生器市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の空冷コロナ放電オゾン発生器市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:高周波、中周波、用途別:オゾン療法、空気浄化、食品洗浄、その他)、主要地 …
  • ジメチルアミノプロピルアミン(DMAPA)の世界市場
    ジメチルアミノプロピルアミン(DMAPA)の世界市場レポート(Global Dimethylaminopropylamine (DMAPA) Market)では、セグメント別市場規模(種類別:間欠生産工程、連続生産工程、用途別:日常化学製品、エポキシ、有機合成中間体、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地 …
  • 世界の自動緊急ブレーキ(AEB)市場
    当資料(Global Automatic Emergency Braking (AEB) Market)は世界の自動緊急ブレーキ(AEB)市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の自動緊急ブレーキ(AEB)市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:前方衝突警告、ダイナミックブレーキサポート、衝突被害軽減ブレーキ、用途別:乗用車、商用車)、主 …