皮膚科薬の世界市場:2024年レポート

• 英文タイトル:Global Dermatological Drugs Market

Global Dermatological Drugs Market「皮膚科薬の世界市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-34702
• 発行年月:2024年01月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:医療・製薬
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

皮膚科薬の世界市場レポート(Global Dermatological Drugs Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、皮膚科薬の世界市場規模は、2023年のxxx百万ドルから2024年にはxxx百万ドルとなり、2023年から2024年の間にxx%の変化があると推定されています。皮膚科薬の世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、皮膚科薬の市場規模を算出しました。

皮膚科薬市場は、種類別には、処方箋医薬品、市販薬に、用途別には、にきび、皮膚感染症、乾癬、皮膚炎薬、その他に区分してグローバルと主要地域における2019年~2029年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、Bayer、Amgen、Novartis、…などがあり、各企業の皮膚科薬販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

皮膚科薬市場の概要(Global Dermatological Drugs Market)

主要企業の動向
– Bayer社の企業概要・製品概要
– Bayer社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Bayer社の事業動向
– Amgen社の企業概要・製品概要
– Amgen社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Amgen社の事業動向
– Novartis社の企業概要・製品概要
– Novartis社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Novartis社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2024年)

皮膚科薬の世界市場(2019年~2029年)
– 種類別区分:処方箋医薬品、市販薬
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:にきび、皮膚感染症、乾癬、皮膚炎薬、その他
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

皮膚科薬の地域別市場分析

皮膚科薬の北米市場(2019年~2029年)
– 皮膚科薬の北米市場:種類別
– 皮膚科薬の北米市場:用途別
– 皮膚科薬のアメリカ市場規模
– 皮膚科薬のカナダ市場規模
– 皮膚科薬のメキシコ市場規模

皮膚科薬のヨーロッパ市場(2019年~2029年)
– 皮膚科薬のヨーロッパ市場:種類別
– 皮膚科薬のヨーロッパ市場:用途別
– 皮膚科薬のドイツ市場規模
– 皮膚科薬のイギリス市場規模
– 皮膚科薬のフランス市場規模

皮膚科薬のアジア市場(2019年~2029年)
– 皮膚科薬のアジア市場:種類別
– 皮膚科薬のアジア市場:用途別
– 皮膚科薬の日本市場規模
– 皮膚科薬の中国市場規模
– 皮膚科薬のインド市場規模
– 皮膚科薬の東南アジア市場規模

皮膚科薬の南米市場(2019年~2029年)
– 皮膚科薬の南米市場:種類別
– 皮膚科薬の南米市場:用途別

皮膚科薬の中東・アフリカ市場(2019年~2029年)
– 皮膚科薬の中東・アフリカ市場:種類別
– 皮膚科薬の中東・アフリカ市場:用途別

皮膚科薬の販売チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界の医療関係求人市場
    当資料(Global Medical Recruitment Market)は世界の医療関係求人市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の医療関係求人市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:オンライン、オフライン、用途別:医療専門家、救急医療スタッフ、医学研究、薬局、規制・品質、その他)、主要地域別市場規模、流通チャネル分析などの情報を掲 …
  • 複合火力の世界市場
    複合火力の世界市場レポート(Global Combined Heat Power Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ガスタービン、蒸気タービン、マイクロCHP、燃料電池、火花点火レシプロエンジン、用途別:工業、家庭、商業)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナ …
  • 骨塩定量検査の世界市場
    骨塩定量検査の世界市場レポート(Global Bone Mineral Testing Market)では、セグメント別市場規模(種類別:骨マーカー検査、イムノアッセイ、用途別:副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症、骨粗鬆症、パジェット病、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、ア …
  • ウエスタンウェアの世界市場
    ウエスタンウェアの世界市場レポート(Global Western Wear Market)では、セグメント別市場規模(種類別:カジュアル、フォーマル、用途別:オンライン店、専門店、スーパーマーケット、ハイパーマーケット、ブランドアウトレット)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、 …
  • UV工業用フィルムの世界市場
    UV工業用フィルムの世界市場レポート(Global UV Industrial Film Market)では、セグメント別市場規模(種類別:プラスチック素材、金属素材、用途別:自動車、建築・建設、農業、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ド …
  • ペンタフルオロエタンの世界市場
    ペンタフルオロエタンの世界市場レポート(Global Pentafluoroethane Market)では、セグメント別市場規模(種類別:≥99.8%、
  • パンチタブの世界市場
    パンチタブの世界市場レポート(Global Punched Tabs Market)では、セグメント別市場規模(種類別:50mm以下、50〜55mm、55mm以上、用途別:飲料、食品、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フ …
  • パイプベンダーの世界市場
    パイプベンダーの世界市場レポート(Global Pipe Bender Market)では、セグメント別市場規模(種類別:自動パイプベンダー、油圧パイプベンダー、CNCパイプベンダー、半自動パイプベンダー、用途別:電力工事、道路工事、橋梁、船舶、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米 …
  • 世界のスズ化学薬品市場
    当資料(Global Tin Chemicals Market)は世界のスズ化学薬品市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のスズ化学薬品市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:スズ酸ナトリウム、塩化第一スズ二水和物、塩化第一スズ無水物、酸化スズ、シュウ酸第一スズ、シュウ酸チタニルカリウム、その他、用途別:めっき材料、顔料前駆体、化学触媒 …
  • 世界のオーガニック系パーソナルケア・化粧品市場
    当資料(Global Organic Personal Care and Cosmetic Products Market)は世界のオーガニック系パーソナルケア・化粧品市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のオーガニック系パーソナルケア・化粧品市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:スキンケア、ヘアケア、オーラルケア、その他、用途別:小 …