建築用仕上げ材の世界市場:種類別・用途別・地域別分析

• 英文タイトル:Global Architectural Finishes Market

Global Architectural Finishes Market「建築用仕上げ材の世界市場」(市場規模、市場予測)調査レポートです。• レポートコード:MRC-OD-00797
• 発行年月:2023年01月
• レポート形態:英文PDF
• 納品方法:Eメール(納期:2~3日)
• 産業分類:Consumer Goods
• 価格ライセンス(※お支払方法:銀行振込、請求書払い)
1名閲覧用(Single User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
企業閲覧用(Corporate User)お問い合わせフォーム(お見積・サンプル・質問)
※当レポートは英文です。日本語版はありません。
※下記記載のレポート概要・目次・セグメント項目・企業名などは最新情報ではない可能性がありますので、ご購入の前にサンプルを依頼してご確認ください。


レポート概要

建築用仕上げ材の世界市場レポート(Global Architectural Finishes Market)では、セグメント別市場規模、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。

最新の調査によると、建築用仕上げ材の世界市場規模は、2022年のxxx百万ドルから2023年にはxxx百万ドルとなり、2022年から2023年の間にxx%の変化があると推定されています。建築用仕上げ材の世界市場規模は、今後5年間でxx%の年率で成長すると予測されています。

地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、ドイツ、イギリス、フランス、ロシア、アジア太平洋、日本、中国、インド、韓国、東南アジア、南米、中東、アフリカなどを対象にして、建築用仕上げ材の市場規模を算出しました。

建築用仕上げ材市場は、種類別には、ガラス繊維、ビニール、木材&セルロース複合材に、用途別には、住宅、商業に区分してグローバルと主要地域における2018年~2028年の市場規模を調査・予測しました。

当レポートに含まれる主要企業は、3M、PPG、Kingspan Group、…などがあり、各企業の建築用仕上げ材販売量、売上、価格、市場シェアなどを分析しました。

【目次】

建築用仕上げ材市場の概要(Global Architectural Finishes Market)

主要企業の動向
– 3M社の企業概要・製品概要
– 3M社の販売量・売上・価格・市場シェア
– 3M社の事業動向
– PPG社の企業概要・製品概要
– PPG社の販売量・売上・価格・市場シェア
– PPG社の事業動向
– Kingspan Group社の企業概要・製品概要
– Kingspan Group社の販売量・売上・価格・市場シェア
– Kingspan Group社の事業動向


企業別売上及び市場シェア(~2023年)

建築用仕上げ材の世界市場(2018年~2028年)
– 種類別区分:ガラス繊維、ビニール、木材&セルロース複合材
– 種類別市場規模(販売量・売上・価格)
– 用途別区分:住宅、商業
– 用途別市場規模(販売量・売上・価格)

建築用仕上げ材の地域別市場分析

建築用仕上げ材の北米市場(2018年~2028年)
– 建築用仕上げ材の北米市場:種類別
– 建築用仕上げ材の北米市場:用途別
– 建築用仕上げ材のアメリカ市場規模
– 建築用仕上げ材のカナダ市場規模
– 建築用仕上げ材のメキシコ市場規模

建築用仕上げ材のヨーロッパ市場(2018年~2028年)
– 建築用仕上げ材のヨーロッパ市場:種類別
– 建築用仕上げ材のヨーロッパ市場:用途別
– 建築用仕上げ材のドイツ市場規模
– 建築用仕上げ材のイギリス市場規模
– 建築用仕上げ材のフランス市場規模

建築用仕上げ材のアジア市場(2018年~2028年)
– 建築用仕上げ材のアジア市場:種類別
– 建築用仕上げ材のアジア市場:用途別
– 建築用仕上げ材の日本市場規模
– 建築用仕上げ材の中国市場規模
– 建築用仕上げ材のインド市場規模
– 建築用仕上げ材の東南アジア市場規模

建築用仕上げ材の南米市場(2018年~2028年)
– 建築用仕上げ材の南米市場:種類別
– 建築用仕上げ材の南米市場:用途別

建築用仕上げ材の中東・アフリカ市場(2018年~2028年)
– 建築用仕上げ材の中東・アフリカ市場:種類別
– 建築用仕上げ材の中東・アフリカ市場:用途別

建築用仕上げ材の販売チャネル分析

調査の結論



【おすすめのレポート】

  • 世界のプロセスオートメーション用産業制御市場
    当資料(Global Industrial Control for Process Automation Market)は世界のプロセスオートメーション用産業制御市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のプロセスオートメーション用産業制御市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:監視制御・データ収集(SCADA)、分散制御システム(DCS) …
  • 世界の自動車部品製造市場
    当資料(Global Auto Parts Manufacturing Market)は世界の自動車部品製造市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の自動車部品製造市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:バッテリー、冷却システム、足回り部品、自動車フィルター、エンジン部品、照明部品、その他、用途別:OEM、アフターマーケット)、主要地域別 …
  • 炭素繊維前駆体の世界市場
    炭素繊維前駆体の世界市場レポート(Global Carbon Fiber Precursor Market)では、セグメント別市場規模(種類別:PANベース、コールピッチベース、その他、用途別:炭素繊維、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、 …
  • 食品用結着剤の世界市場
    食品用結着剤の世界市場レポート(Global Food Texturants Market)では、セグメント別市場規模(種類別:ハイドロコロイド、ガム、安定剤、その他、用途別:ベーカリー・製菓、乳製品・冷凍デザート、飲料、油・脂肪、甘味・セイバリースナック、肉製品)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分 …
  • 世界の軍用無人航空機システム市場
    当資料(Global Military Unmanned Aircraft Systems Market)は世界の軍用無人航空機システム市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界の軍用無人航空機システム市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:固定式翼、回転式翼UAV、垂直式離着陸UVT、用途別:諜報、監視、偵察(ISR)、戦闘作戦、標的獲得 …
  • アームクレーンの世界市場
    アームクレーンの世界市場レポート(Global Arm Crane Market)では、セグメント別市場規模(種類別:コラム型アームクレーン、移動式アームクレーン、その他、用途別:建設業、海運業、設備製造業、その他)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッ …
  • 押出成形ポリスチレン断熱材料の世界市場
    押出成形ポリスチレン断熱材料の世界市場レポート(Global Extruded Polystyrene Insulation Materials Market)では、セグメント別市場規模(種類別:民間用、軍用、用途別:住宅建設、非住宅建設)、主要地域と国別市場規模、国内外の主要プレーヤーの動向と市場シェア、販売チャネルなどの項目について詳細な分析を行いました。地域・国別分析では、北米、アメリカ、カ …
  • 世界のニトリルゴム(NBR)市場
    当資料(Global Nitrile Rubber (NBR) Market)は世界のニトリルゴム(NBR)市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のニトリルゴム(NBR)市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:ブロックNBR、粒子/クラムNBR、粉末NBR、用途別:自動車、建設、機械、エプロン&ベビーベッド、その他)、主要地域別市場規模 …
  • 世界のハードウェアOTPトークン認証市場
    当資料(Global Hardware OTP Token Authentication Market)は世界のハードウェアOTPトークン認証市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のハードウェアOTPトークン認証市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:USBトークン、SIMトークン、ミニトークン、用途別:金融、医療、政府、PCI(ペイメ …
  • 世界のロボット用バッテリー市場
    当資料(Global Robot Battery Market)は世界のロボット用バッテリー市場の現状と今後の展望について調査・分析しました。世界のロボット用バッテリー市場概要、主要企業の動向(売上、販売価格、市場シェア)、セグメント別市場規模(種類別:鉛蓄電池、リチウム電池、ニッケル水素電池、その他、用途別:工業用ロボット、AGVロボット、サービス用ロボット、その他)、主要地域別市場規模、流通チ …